コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーを知る楽しむ生産地中米 754 Views

コーヒー生産地を巡る(中米編) ニカラグア

ニカラグアは中米最大の面積を持つ国ですが、

日本のコーヒー輸入量では最下位ということもあって、かなりマイナーな存在です。

しかし、ニカラグアは近年非常に高品質のコーヒーを生産していますし、

オーガニックコーヒーの生産が盛んなことでも有名です。

【国の基本情報】

  • 国名:ニカラグア共和国(Republic of Nicaragua)
  • 面積:129,541㎡(北海道+九州くらいの大きさ)
  • 人口:約600万人
  • 首都:マナグア
  • 主要言語:スペイン語
  • 主要宗教:キリスト教
  • GDP:$105億(2012年)
  • 通貨:コルドバ
  •  【対日貿易】
  • <貿易額(2012年)>
  • 日本への輸出:26.49億円
  • 日本からの輸入:73.41億円
  • <主要品目>
  • 日本への輸出:コーヒー、採油用の種、ごま、衣類など
  • 日本からの輸入:輸送用機器(自転車など)、鉄鋼、一般機械(原動機など)、など
(情報元:外務省HP)

【ニカラグアコーヒーの特徴】
  • ★ニカラグアは火山性土壌に標高の高い山岳地帯、雨季と乾季のはっきりした気候がコーヒー栽培に適しています。
  • ★ニカラグアのコーヒー栽培農家は2万を超える規模です。
  • ★ニカラグアではアラビカ種のみを栽培しており、中でもティピカの突然変異種のマラゴジッペという大粒の品種が有名です。
  • ★ニカラグアではオーガニックコーヒーの生産も盛んで、オーガニック専門の農協や輸入業者などがあります。
  • ★爽やかな酸味はきつすぎず、甘みがあり香りも良く、苦みも含めて全体の風味のバランスの良さに定評があります。
  • ★特に良質なものは、優雅な香りやフルーティな明るい酸味・甘みを楽しむことができます。
 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP