コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.12.20 更新 コーヒーを知る楽しむ焙煎 1250 Views

焙煎

コーヒーの生豆を火力によって煎ることです。

コーヒーは、生豆の品質も重要ですが、味の7〜8割が焙煎で変わってきます。

精製された生豆は、多くの場合、消費国でロースター(コーヒー卸業者、小売店、喫茶店など)によって焙煎されます。

コーヒー豆の小売店では、生豆の購入も出来、一般の方でも家で焙煎が楽しめます。

焙煎は、焙煎機でおこないます。

一般家庭では、フライパン、素焼きの焙烙、銀杏煎りに使う金属製の手網などで焙煎することができます。

焙煎の熱源と加熱原理によって、次のように分類されます。

直火焙煎

熱風焙煎

半熱風焙煎

・遠赤外線焙煎

・マイクロ波焙煎

・炭火焙煎(日本独自)

コーヒーが焙煎される時、約200〜300度ぐらいの温度で10〜20分程度の時間をかけて焙煎するようです。

しっかり中心まで火を通す必要があり、豆にあった火加減で焼く技があることが重要です。

焙煎度の違いで味も変わってきます。

深煎りにするほど、苦みが増し酸味が弱くなります。

浅煎りにするほど、酸味が増し苦みが弱くなります。

好みのコーヒーを見つけるポイントとして、焙煎度も比べてみることがいいかもしれませんね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP