コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーを知る楽しむ焙煎 1487 Views

半熱風式焙煎機

半熱風式焙煎機は、基本的な構造は直火式と同じです。

できた熱風の取り込み方が熱風式と同じになります。

直火式と熱風式の両方を取り入れているので、半熱風式といいます。

また、半熱風式焙煎機は、バーナーの炎が直接ドラムにあたらないようになっています。

炎が直接あたらないので、焦げ味や尖った苦み(スモーキーフレーバー)がつきにくいようです。

火力を高く設定することが可能なので、直火式に比べると短い時間で焙煎することができます。

熱の通りが良いので、水分量の多いニュークロップでも簡単に焙煎出来るようです。

香ばしさを表現するのは直火より弱いですが、豆の膨らみはよく、万能です。

設置もコンパクトで、熱風式の熱コントロールのしやすさも備えているので、小型から中型の焙煎機に採用されているようです。

商品として、安定した味が必須で、同じ味を再現することをしやすい、熱風式、半熱風式の普及が高くなっています。

小規模の自家焙煎珈琲店では、コンパクトな半熱風式焙煎機を採用する店が多いようです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP