コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.07.26 更新 コーヒーを知る楽しむコーヒー豆の基礎知識精製 1177 Views

自然乾燥式(ナチュラル、アンウォッシュド)

コーヒー豆の精製方法の一種。

自然乾燥式とは、コーヒーを実のまま乾燥場で天日に干して乾燥させ、乾いた果肉と内果皮(パーチメント)などを取り除く脱穀をおこない、生豆を取り出す精製方法です。

ナチュラル、アンウォッシュド、非水洗式と呼ばれることもあります。

成熟の具合により、数日から2週間くらい干します。

乾燥すると赤い実が黒く変化し、外皮と果肉が固くなり、簡単にはがれるようになります。

それを脱穀機にかけ、生豆を取り出します。

【メリット】

・作業の工程が単純で、設備投資も少ないことで、コストがかからずにできる。

・水洗式など他の精製法では得られない独特の風味が得られる

【デメリット】

・天候に左右されやすく、精製に時間がかかる(乾燥に時間がかかる)

・不純物や欠点豆が多くなりやすい(水洗式など他の精製方法と比較して選別工程が少ないため)

<採用している主な生産国>

ブラジル、エチオピア、イエメン、インドネシア(ロブスタ種)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP