コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.07.26 更新 コーヒーを知る楽しむコーヒー豆の基礎知識 744 Views

ブレンド

コーヒー豆を数種類まぜてコーヒーを作ることです。

ブレンドされたコーヒーは、「ブレンドコーヒー」と言われます。

これに対し、一種類の豆から淹れるコーヒーは「ストレートコーヒー」と言われます。

ブレンドは、焙煎前に豆を混ぜる方法(プレミックス)と、焙煎後に混ぜる方法(アフターミックス)があります。

プレミックスは、全ての豆が同じ焙煎行程・焙煎度になるので調和のとれた味になりますが、それぞれの豆に適した焙煎行程・焙煎度は異なるため、味の調整が難しいのが欠点です。

一度に焙煎するので、大量生産にはメリットが大きい方法となります。

アフターミックスは、それぞれの豆の適した焙煎行程・焙煎度で焼かれるので豆の味はとても良くなります。

しかし、それぞれ焙煎する必要があるので、手間がかかるのがデメリットです。

 

ブレンドをする意義はいくつかあります。

まず、複数のコーヒー豆がブレンドされることによって、いろんな豆の持ち味を合わせることができ、ストレートコーヒーには出ない複雑な味わいを作り出すことができます。

また、コーヒーは農産物ですからロットや収穫年などによって味が変化しますが、ブレンドの場合、使う豆の比率や種類を調整することで、常に一定の味を作り出すことができます。

ブレンドされる豆の比率は、ロースターのレシピによって変わります。

店の味ってことですね。

インスタントコーヒーなどは、香味等の品質を保つために、8種類以上の豆が混合されるそうです。

 

アフターミックスであれば、複数のストレートコーヒー豆を購入してどなたでもブレンドを作ることができます。色々な種類のコーヒー豆を使って、オリジナルブレンド作りを色々試してみるのも、コーヒーの楽しみ方のひとつと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP