コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーを知る楽しむ知るその他 1054 Views

ターキッシュ珈琲

ターキッシュ珈琲=トルココーヒー

トルコで生まれたながい伝統あるコーヒーです。

2013年にトルココーヒーの文化・伝統がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

約450年前、オスマン帝国のイエメン統治者オズデミル・パシャによって、コーヒー豆が皇帝に献上されました。

イスタンブルで飲まれるようになってから、ヨーロッパに広まりました。

今でも、中東、北アフリカ、バルカン諸国で飲まれています。

用意する道具は、ティースプーン、ジャズヴェ(ジャズベ)というコーヒー用の鍋。

粉状のコーヒー豆をティースプーン一杯(一人分)と同じ量の砂糖とカップ一杯(一人当たり)をジャズヴェに入れて煮立てます。

沸騰したら火を弱め、浮かんできた泡をカップに入れます。

吹きこぼれる前に火を止めて、カップに注ぎます。

粉が沈んでから、上澄みを飲みます。

好みで、カルダモンで風味を付けることもあるようです。

飲み終わったカップの粉で「コーヒー占い」なんてことも、やってますよ。

トルコのことわざで、「一杯のコーヒーにも40年の思い出」とあります。

他人に一杯のコーヒーをごちそうすれば、その恩はどんな時でも思い出してもらえるという意味だそうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP