コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーニュースお店のニュースニューオープン 1074 Views

「コーヒー豆の“ブティック”新業態 TORIBA COFFEE が銀座に」というニュースについて

コーヒーの卸、焙煎、喫茶などを手がけるバードフェザーノブが、新業態として高品質豆を取り扱う珈琲店「TORIBA COFFEE~Boutique Coffee Roaster~(トリバコーヒー ブティックコーヒーロースター)」というお店を銀座にオープンする。

1階で豆売り、2階に焙煎機、3階はラボになっていて最新のエスプレッソマシンも設置。ラボではコーヒー研究会の開催も計画されているようです。

豆は6種類あり、ブレンド5種類、ストレート(ハワイコナ)1種類 。

また地下には、コーヒーの生豆を最高の状態で保存するための倉庫も完備。今、TORIBA COFFEEにできることを最大限に表現する店舗をつくったとのこと。

1階の豆売り部分ではテイスティングもできるようですが、6種類全てテイスティングできるなら好みのものが選べて良いですね。ちなみに6種類の内容は、ブレンド5種=ハワイコナブレンド・ブルーマウンテンブレンド・マイルドブレンド・深煎りブレンド・浅煎りブレンド、それからストレート1種=ハワイコナ、だそうです。
最近の流れでは、ストレートを重視するお店が多いですが、ここはストレートは1種類なんですね。しかも、高級品のコナコーヒーのみ。 銀座って感じですね!
公式HPを見ると、ハワイコナは“自家農園”だそうです。バードフェザーノブという会社、知らなかったので調べてみましたが、どうやらドトールの会長の次男がやっている会社だそうです。ということは自家農園というのは、ドトール所有の農園ということですかね。
自家農園と言っても、ピンキリなので、どの程度の自家農園なんでしょうね。ちゃんと育て方とかまで関わっているのか、ただ単にお金で買っているだけなのか。意外と手が届かない金額でもないらしいですよ。
2階には焙煎機が3台もあるそうですが、3台って結構な規模じゃないですか?
これまたピンキリですね。どの程度のサイズの釜なのか。ハンドロースター3個ではないと思いますが(笑)
個人的には3階のラボが気になりますね。プロ向けの研究会なのか、一般向けのセミナーなのか。
そうですね。どっちなんでしょうかね。
それとお金かかるんでしょうかね。無料だったらいいな。
貧乏性の私としては気になるところです。^^;
それにしても今後が楽しみですね。色々な角度からコーヒー業界が盛り上がってくれることは、コーヒー好きにはうれしい限りですね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP