コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーを知る楽しむコーヒー豆の基礎知識 837 Views

ニュークロップ

ニュークロップは、当年の新しい生豆のこと。

特に収穫年度の初月10月に呼ばれることが多いです。

水分含有量が12〜13%です。

濃い緑色をしています。

欧米では、ニュークロップの方が香り、味ともに優れているといわれ、高級品として扱われています。

水分の多いニュークロップは、火の通りが悪く、煎りムラ、芯が残ることがあり、焙煎の初めに水分抜きをすることで、そういった問題を解消する場合もあります。

コーヒーの構成成分も豊富なので、味や香りの個性がはっきりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP