コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーを知る楽しむ抽出器具 725 Views

コーヒーの抽出方法

コーヒーを飲むにあたり、インスタントでもない限り、抽出という作業が発生します。

コーヒーの抽出方法には実に様々な種類があります。

その方法は抽出の原理で大きく3つに分けられます。

・浸漬法(しんしほう)

・透過法(とうかほう)

・エスプレッソ方式

 

<浸漬法(しんしほう)>

浸漬法とは、コーヒー粉を湯に漬けてコーヒー成分を抽出する方法です。この方式を利用した抽出器具は以下のようなものがあります。

・フレンチプレス

・サイフォン

※漬け置きタイプの水出しコーヒーもこの浸漬法になります。

 

浸漬法のメリットは、他の抽出方法に比べて抽出時間を一定にしやすいので、味のブレを少なくできる点です。一方で、技術で味を作るという要素が他の抽出方法に比べ少ないため、つまらないと感じる人もいるかもしれません。

 

<透過法(とうかほう)>

透過法とは、コーヒー粉の層を湯が通過することでコーヒーを抽出する方法です。この方式を利用した抽出器具は以下のようなものがあります。

・ペーパードリップ

・ネルドリップ

・ケメックス

・ダッチコーヒー(水出しコーヒー)

 

透過法のメリットは、抽出のコントロールで味が大きく変わってくるため、味の表現のバリエーションが豊かな点です。そこに面白みを見出す人がいる一方、毎回味がブレやすいことがデメリットにもなりえます。

 

<エスプレッソ方式>

エスプレッソ方式とは、細かく挽いたコーヒー粉に高い圧力をかけて短時間に一気に抽出する方法です。この方式を利用した抽出器具は以下のようなものがあります。

・エスプレッソマシン

・マキネッタ(モカポット)

・エアロプレス

※エアロプレスは浸漬法の要素も大きく、純粋なエスプレッソ方式とは言えないかもしれませんが、圧力をかけるという点は共通しているため、ここに分類しました。

 

エスプレッソ方式は、抽出時間が短いというメリットがあります。浸漬法や透過法で得られるコーヒーと違い、非常に少量の濃厚なコーヒーが抽出されるため、そもそも別物のコーヒーと考えた方が良いかもしれません。

本格的なエスプレッソを淹れるためには、エスプレッソマシンが必須となってきますが、機械が高価で操作にも技術が必要なため、気軽に家庭でということがなかなか難しい点がデメリットと言えるでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP