コーヒー・チョコレート好きのためのメディア情報サイトBACAS(バカス)

Coffeeコーヒーの話

2019.06.07 更新 コーヒーニュースイベントのニュース 385 Views

「<コーヒー>信長に飲ませたいブレンド イベントで販売」という記事について

2014年3月16日の毎日新聞のWEB版に「<コーヒー>信長に飲ませたいブレンド イベントで販売」という記事が載っていました。

JR岐阜駅前で行われた、どうさん楽市というイベント内で、岐阜県珈琲文化研究会が「織田信長に飲ませたいコーヒー」というテーマでオリジナルのブレンドコーヒーを作って販売したということです。ブレンドは何種類かあり、「うつけものと言われた若き日の信長」「井口を岐阜と改称したときの信長」「本能寺で命を絶つ前の信長」といったようにそれぞれ異なるシーンを想像して作られたとのことです。

このイベントは岐阜県珈琲文化研究会の会員として私も当日お手伝いさせていただきましたが、たくさんのお客さんに来ていただけて非常に盛況でした。信長とコーヒーという斬新な組合せが皆さんの興味をひいたんでしょうね。
信長は「岐阜」の名付け親ですからね。岐阜は、茶の湯の文化も盛んでしたし、そんな文化が現在のコーヒー文化に繋がっているのかもしれませんね。
ところでマスター、信長の時代にコーヒーはあったのでしょうか?少なくとも日本には伝わっていないでしょうけど。
その時代は、ヨーロッパにもまだ伝わっていないですね。まだまだ、アフリカの原住民が薬や儀式として利用していただけのようです。その点でいえば、信長と珈琲は、一切関係はないですが、もし信長の時代に日本に伝わっていたら、南蛮好きの信長は間違いなく飲んでいたでしょうね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コーヒー福袋!

PICKUP